FC2ブログ

【ゲーム紹介】ゼロヨンチャンプRR【SF】

ゲーム紹介目次

【タイトル】ゼロヨンチャンプRR
【ゲーム機種】スーパーファミコン
【発売日】1994年7月22日
【プレイ状況】クリア



概要


ゼロヨンっていうレースが題材の隠れた名作。
そもそもゼロヨンってなあに?って子も多いと思うし、そこから説明する必要あるのかにゃ?
名前通り0~400mの直線を真っ直ぐ駆け抜ける。ただそれだけのレースなんにゃけど、
直線だからこそ車の性能だけじゃなくてドライバーの繊細な技術や判断力が求められるから、見た目よりも複雑でただ良い車ならそれで終わりじゃない。
そんなちょっぴり渋いレースにゃんね。

ゲーム内容


上記で説明した通り直線を走り抜けるレースを題材にしたゲーム。
ただ真っ直ぐ走るのをゲームにして面白いの?というかそれって何も操作すること無いんじゃ?って思った人、それはんぶんくらい正解でレース中やることは“アクセル踏んでクラッチ切ってシフトチェンジする”たったこれだけ。
使用ボタンも総数4つでこの中にブレーキも混ざってるけどほぼ使わないから実質十字キーとアクセル、クラッチの3つ。
ね?簡単でしょう?動かすだけなら簡単なの。問題はこれがレースであること。
シフトチェンジのためにクラッチを切ると車の加速が止まるってその瞬間は速度が落ちちゃうから、あまりシフトチェンジにもたついてるとその数秒も満たない間に取り返しのつかない距離まで相手の車と突き放されて敗北確定なんてことも。
だからって焦って十分な速度が出てない時に無理なシフトチェンジを行っちゃうと、今度は加速までに時間が掛かって速度が出ない。
このレースの駆け引きの全てはこのシフトチェンジに詰め込まれてるの。
車が好きでシビアな駆け引きも好き!って人ならこのレースの為だけにゲームを買うのをおすすめできるにゃんね。

ただ、このゲームが隠れた名作な理由はレースだけじゃないの。
このゲーム、きっちりとストーリーモードがあってそっちだとお金を貯めて、車を買って、物語を進めて、ゼロヨンのチャンピオンになる!
っていう明確な目的が当然あるわけなんにゃけど、この中のお金を貯めるの部分のミニゲーム、これのひとつに警備員って言うのがあってそれの作り込みがやたらと本格的。
そのミニゲームパートだけでもずっと遊べるくらい。
なんならこのミニゲームパートの方がレースよりプレイ時間長いよーって人もいると思う。
むしろそれがほとんどなんじゃ(小声)。

内容は端的に言うとRPGで深夜のオフィスフロアをそれぞれ見回って、不審な相手を見つけ次第とにかく倒して暴力で解決。
倒せば倒した分お金も貰えるし泥棒以外に人外とも余裕で戦う。このオフィスいくらなんでも物騒すぎでは?
上層階に行けば行くほど敵も強くなっていって最終エリアには律儀にボスもいる。一体何をしたんだろにゃこの会社。
ちなみにこのオフィスをクリアするとまた別のステージにも行けるけどそれは見てからのお楽しみ。

この他にも麻雀とかパズルとかこまごましたお遊びがあって良くスーパーファミコンでそこまで詰め込めたよにゃあって内容してるから気になる子は少し遊んでみてほしいよにゃ。

総評


ゼロヨンっていう渋い題材のおかげであまり大きく広まることは無かったけど、開けてみると題材以外の部分にも魅力が詰まってる隠れた名作。
一人プレイでレースを投げ捨てて黙々とオフィスを攻略するも良し、お友達とゼロヨン勝負しても良し。
そんなゲームソフトにゃあ。


ゼロヨンチャンプRR


ゲーム紹介目次
スポンサーサイト

【ゲーム雑記】去年末からやたらとゲーム遊んでる気がする

超絶気分屋のせいでブログの放置も日常茶飯事な猫耳死神しーくんです

12月~2月は忙しいのもあるんにゃけどねー、それ以上にゲームいっぱいしてた

年末年始あたりからスチームと据置機でたくさんゲームプレゼント貰えたのもあって

They Bleed Pixels
Ori and The Bliend Forest:Dfintive Edition
ゴッドイーター3
エースコンバット7
デビルメイクライ5

っていう感じでクリスマス~お年玉にふぉろわさんから貰ってまとめてクリアしたにゃあ

ほかにもマリオオデッセイとスマブラとピカブイは自分で買ったけど・・・

マリオ以外はまだクリアしてないよね、一気に遊ぶ気分ではなかったのん

あと二個スチームでもらってるゲームもあるからそっちはお時間できたら遊ぶ!

あまり遊ばない2Dゲームとかも久々遊んで楽しかったし

大好きなGE、エスコン、デビルメイクライも全部貰えて幸せものにゃあ・・・

エスコン7はじわじわ攻略してくからまっててにゃ

プロフィール

死闇@しーくん

Author:死闇@しーくん
常時不安定
被加虐的猫耳死神

Twitter
YouTube
Pixiv











最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

[死神の手記]は、Amazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイトプログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です。